« …またズレてるぞ? | Main | 半年ぶりに磐田コミプラ »

May 13, 2005

タテ構図好き

贔屓にしている小寺信良氏の「勝手に第100回記念コラム」に、例によって興味深い
モノが紹介されていた。

モノ自体が"華のないキッチュさ"を放っていたりとか、フォーカルプレーンシャッターを
"歪曲的に応用"したような仕組み
になっていたりするのも面白いが、「いいなぁ…」
と感じ入ったのはその作例。…といっても、元々あまり興味のないパノラマ風景写真
ではなく、縦位置写真の方にだ。

どういうわけか僕は、"タテ構図"が好きだ。ケータイのカメラで普通に撮ると、必然的に
そうなるし、そうなるから好んでよく使うし、結果的にこのBlogでも多用してきた。

一眼レフをよく持ち歩いていた、二十歳前後の頃からそうだ。フィルムを一本撮り終える
と、そのうち"何割かの"コマはタテ構図…ということは、よくあったように思う。
タテ構図で撮るときの"構え"がカッコいい(笑)からとか、何だかカラダに馴染む気がする
からとか、はじめのきっかけは、案外そんな"カタチから入る"類いだったのかも知れない。

…ただ、今言えるのは、タテ構図の写真を撮るとき見るとき、ヨコ構図のときよりも僕は
"落ち着いている"と感じているらしいこと。タテとヨコとでカラダの動きに違いがあると
すれば、目線を上下に移動させる、あるいは左右に見渡す…、タテの場合は前者が、
ヨコの場合には後者の方が多いのだろう…と、大雑把に想像がつくくらいか。

僕には、"上下移動成分"が多い方が【情報】がアタマの中まで届きやすい…とかいう
"体質"か何かでもあるのだろうか…?

翻って、このロシア製のパノラマカメラ"HORIZON"によるモノクロの作例を見せられると、
「…あ、"ヨコ"で撮っても面白いかなぁ」と、ちょっと感じた。クリックして拡大してしまうと
感じ難くなるが、縮小画像のままであれば、著者言うところの「みっしりした鮮烈な解像感」
というものが、僕には感じられる気はする。
尤も、Web上のjpeg画像を大して高級でもない液晶ディスプレイを通して見ているだけで、
どこまでそのようなものが感じられるのか?、と云われてしまえばそれまでだろうか。だが、
まるで「"軟らかい印画紙"を使って丁寧に焼き込んで仕上げたプリント」のようなトーンに
見えるのは間違いない。…コレは、もしかしたら面白いカメラなのかも知れない♪

でも、まだまだ暫くは二の足を踏んでいられる。…僕はスキャナを持っていないからだ(笑)

|

« …またズレてるぞ? | Main | 半年ぶりに磐田コミプラ »

1970's / 80's」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/4110535

Listed below are links to weblogs that reference タテ構図好き:

« …またズレてるぞ? | Main | 半年ぶりに磐田コミプラ »