« まだだ…7 | Main | まだだろうから… »

Apr 03, 2005

ヘンな春

友人が出演する芝居を観に、池袋の東京芸術劇場まで行った。"学校廻り"ではない
本公演の舞台に立つのは初めてということだったが、板の上でちゃんと「生きていた」。
そのことだけでも収穫だったが、芝居そのものも、去年の夏に博品館で観た新撰組モノに
比べれば、まだ楽しめた。今回の舞台は明治初期だから、男優陣がマゲ結ってなくたって
ガマンして観ていられたし、主役と父役の二人が居並んだときの、とうてい同じ人間同士
には見えない顔の大きさのコントラストをはじめ、随所にスペクタクルも見られた(笑)

どこに座ってもよく見えるゆったりとした座席というのは、今となってはとても有り難い
仕合わせなのだ。だが、それゆえにスポイルされ、"味わえないもの"があることに対して
もどかしさを感じてしまう気がするのは、きっと、単なる感傷だろう。
せめて数千円払うのなら、「かつて花園神社に現出した"サーカス"の興奮をまた再び」
などという思いが、毎度ながらアタマの中をよぎる。だが、そんなことが叶うはずもない。
だいいち、仮にそんな場に身を置いたとして、僕はそれを受け止めることができるだろうか?

ところで、歩くと汗ばむ陽気の中、池袋西口広場には疎らに咲いている桜があった。だが、
行き帰りの車窓からはほとんど目につかなかったのではないか。錦糸町の先で地下に潜る
までの総武線沿線でも、丸ノ内線から望む小石川後楽園や茗荷谷界隈でも、この時期なら
お馴染みのはずの桜霞は皆無。
津田沼まで戻り、昨夕の桜を見上げても特に変化なし。このままだと、樹木としての"生理"
に悪影響が出たりしないのだろうか?たとえば、先に葉が出てしまうとか…

Kandagawa_050403_163201Arakawa_050403_165702

|

« まだだ…7 | Main | まだだろうから… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

大阪も桜全然です。でも、強引に桜祭りと称して横断幕をぶら下げている所もありましたね。
堺の方は五分咲きらしいのですが・・・

まあ、入学式近辺に満開でしょうから、本当はそういう時期に咲くのが生理的現象なのか?

Posted by: ika | Apr 04, 2005 10:20

何だか「ぼわぁーっ」というカンジには、なかなかなれない春景色ですよね。
そういう要素が今のところ欠けているから、「一度も米のメシを食わずに一日を終えようとしている…」的違和感があります(笑)
まぁ、待てばいずれ…なのかもしれませんが。

Posted by: USHIO | Apr 04, 2005 12:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヘンな春:

« まだだ…7 | Main | まだだろうから… »