« 不覚だった… | Main | 見間違えたり »

Oct 06, 2004

ヒップホップくん…

…と僕が勝手に名づけ、密かに呼び慣わしている人がいる。
朝、週に一度か二度、東京駅から乗る丸ノ内線で出くわす。
…といっても、膝下が股下なダボ下げズボン("正式名称"知らずw)
を穿いたいかにもソレ風な兄ちゃん…とかではない。
親指突き出しながら「Yo!」とか唱えるわけでもない。

彼の存在に初めて気づいたのは確か、春先ごろのことだったか。
旧来の日本人的プロポーションながらも「カラダの線」はムダなく
保たれた筋肉質の、恐らくは30歳以上40代半ば未満という風情。
いつも小さめのキャップを目深に被り、その下に窺えるはいわゆる
南方系の面立ち、浅黒い肌、きっと極短髪と思われる。敢えて言う
ならば「十数年前の塾講師時代の教え子"西崎クン"の成長した姿」
といったところか<誰が分かるかそんなもん。
首から下はいつだってタイトなTシャツストレートジーンズそして
くるぶし丈のトンガリブーツ。
両耳の白っぽいイヤホンから左右対称に伸びているケーブルの先、
ポケットの中には、恐らくiPodでも入っているのだろう。
手に何かを持っているのを見た記憶がないから、恐らく、雨の日は
外出なんかしないのではあるまいか。

朝の通勤電車で、こんな風体のやや「浮いた人」がフツーに立って
いるだけでもそれなりのインパクトなのだが、彼はフツーに立って
いたりなんかしないのである。
初めて目撃したとき、僕と同じで「歩くのがヘタクソな人」なのか
と勘違いしかけた。
なんつーか、スィングとゆーかウェーブとゆーかグルーブとゆーか
ノリノリといったアクションで、アタマのてっぺんから爪先まで、
カラダ中を大袈裟に揺らしつつ、大股で闊歩しながら電車に乗り込
んできたんだもの。
朝の地下鉄にそんな人がいるだなんてフツーは思わないないから、
「どこかカラダが悪い人なのか?」と、つい思ってしまったわけで。

でも彼は「ちょっと変わった人」というだけのようで、少なくとも
不自由しているようには見えない。ただ、全身をスィングとゆーか
…略…させたまま、誰が見ても明らかに臆面もなく「空席を探す」
のである。そのときの表情は、イライラしつつも「ユルんで」いる。
まださほど混んでいない車内にターゲットを見つけると、スィング
…略…しながら闊歩して(その時点で少なからぬ乗客の視線が彼に
パンされてたりする)辿り着き、腰を90度ターンさせて着座位置に
尻を向けると、左右に首を振って両隣りの乗客に"アピール"しつつ
シートに、ゆっくりと、浅めに腰を沈めた次の刹那、「すたっ」と
トンガリブーツを高々と蹴り上げ膝を組む。
痛々しいくらい浮いたその一挙手一投足が見るに耐えない、という
程度の"迷惑"に収まるなら、まだ許容範囲なのだが、着座状態では
さすがにスィング…略…はしない彼も、そのまま目を閉じてしまう
ことがある。すると、宙に浮いたままのトンガリブーツが、彼の前
を行き来する乗客にとっては、招かれざる"シケイン"を形作ること
になる。
乗り込んだ車両が混んでいてターゲットが見あたらない場合、彼は
スィング…略…で闊歩しながら乗客の背中の間を無理矢理縫うよう
に連結面まで辿り着き、力任せに引き戸を開き、隣の車両に移ると、
こんどは後ろ手で力任せに引き戸を戻す。コレに驚かない人を見た
ことがない。

…このテキストを書き始めたのは一週間ほど前。夜の津田沼駅で、
ホームから上がって改札口に向かう人混みの中に、スィング…略…
しながら闊歩する彼を目撃し、衝撃を受けたのがきっかけだった。
ひょっとして、ジモティだったのか…!?

色んなことを思い出し思い出ししながら書き綴るうち月が改まって
金木犀が薫るのに気を取られるようになり、そして今日とは正反対に
冷たく雨のそぼ降る昨日の朝、東京駅で丸ノ内線のホームに降りる
と、発車間際の電車がいた。
慌てようにも慌てられないカラダゆえやり過ごそうかと思いかけた
僕の目に、またしてもスィング…略…する彼の後ろ姿が飛び込んで
きたのだった。

白い長袖シャツを羽織り、手には水色のカサを持っていた…。

「ありえねェ…」と年甲斐もなくひとりごち、後を追おうとするが
カラダがそうそう言うことを聞くはずもなく仕方なく思いとどまる。
彼が、立ち並ぶ乗客のすき間にまるでアポロの宇宙飛行士が軟着陸
を決めるが如くに身を滑り込ませた直後、ドアは閉まった。

ドアの窓の向こう側で彼が、さすがにやや小ぶりにスィング…略…
しながら振り返る。上向き加減に傾けた表情は、やはり「ユルんで」
いる。幸い僕ではなく空を見つめたまま、下から上がってきた手が、
掌を上にして、アゴの下あたりで水平に構えられた。
それは、宮尾すすむの「シャチョー!」にソックリだった。

|

« 不覚だった… | Main | 見間違えたり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23241/1610212

Listed below are links to weblogs that reference ヒップホップくん…:

« 不覚だった… | Main | 見間違えたり »