Posts categorized "1970's / 80's"

Aug 13, 2018

ニセンボケコデンマチョウ

201808110212_2

201808110226_2

201808110231_2

201808110233_2

201808110221_2

Roonee 247でやっていたカロタイプ森下大輔ゼミ修了展には、二月から三月にかけての赤城師匠中判ワークショップ
に参加していたTさんが出展していた。節分の横浜は野毛の裏路地でカメラが壊れた者同士の、半年ぶりの再会。
あの日、他の方からお借りしたマキナがきっかけで、結局僕はマキナへ走るもジェットコースター気分を味わい、その後
リコー999と出会って舞い上がったがそれも壊れ、現在修理依頼問合せ中…と、一方的に語ってばかりいたような。

ごめんなさい。全紙の手焼き銀塩プリント、とっても素敵でした。

額装を依頼した「駄カメラ写真 グループ展#5」出展作品が無事に届いていることを確認、ビルを出て角を曲がり、再び
アイアイエーギャラリーへ出向くもやはりクローズ。ここで、ご機嫌ななめなオプティマに代わり、リケノンつきケイ・カメラ
を取り出し、改めて、カメラが小さく軽いことの有難さを噛みしめる。

絞り開放でなくても、後ろボケが二線気味に荒れることがあるなど露ほども思わず、ツクツクホウシに聴き惚れていた。

On August 11th
PENTAX LX, RICOH XR RIKENON 50mm F2, MAPCAMERA MC-N Normal 52mm Filter and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r13)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 12, 2018

ケイ

和製ズミクロンとの呼び声高く、かの富岡光学製と伝え聞くリコー・リケノン50/2の前期型(再近接0.45m)
手に入れたのを理由に、自ら背中を押した。中学生の頃カタログを嘗め回すように読んだのみで、これまで無縁だった
Kマウント一眼レフカメラに、ついに進出。

フィルターはMAP CAMERA、キャップはコシナレンダーのそれぞれ52mm径。ストラップは、いつもどおりオプテック
でニコン巻き。

Lrm_export_20180812_205413

RICOH XR RIKENON 50mm F2, MAPCAMERA MC-N Normal 52mm Filter, PENTAX LX and OP/TECH USA Envy Strap with 3/8" Webbing Connectors attached "the Nikon Way"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

クラウディオプティマあーっっ!!

2018080805_2

2018080804_2

2018081116_2

2018081123_2

2018081120_2

妙典山の麓で撮った日、途中から小粒の雨に打たれたせいか、きのう持ち出したオプティマ1035は、頗るご機嫌ななめ。
…せっかく、いちばん手ごろでシンプルな、MAP CAMERAの49mm径フィルターを装着したにもかかわらず。

巻き上げレバーは空回りするような手応えで、フィルム送りもシャッターチャージも叶わない。ならばここで撮影を終了し、
巻き戻そう…と、巻き戻しボタンをRへ回して巻き上げレバーで巻き戻そうとするも、やはり空回り。…ええぃっ、ままよっ!
で裏蓋を開け、一コマ前後がカブるのは止む無し…で閉じ直すと復帰。しかし、そろそろエンドというあたりで、ガリっ…と
パーフォレーションとスプロケが噛み合わない音と手応え。そこで再び、巻き戻しボタンをRへ回し巻き上げレバーで巻き
戻そうとするも、やはり空回り。

もう幾度目のことになるか、高山写真館の暗室で店長にサルベージしていただき、予想していた以上のコマ消失は免れた。
それにしても、シェイクダウンの日と同様、露出はアンダー気味。SilverFastで一段持ち上げ、さらにPhotoshop CC 2018で
0.35持ち上げ…などなど。

On August 9th and 11th
Agfa OPTIMA 1035 sensor and ILFORD XP2 Super 400
scanned with plustek OpticFilm 120 (on SilverFast Ai Studio 8.8.0 r13)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆくぜ、東葛西、

…で、ミッション・コンプリート、戻ってきたぜ。
はじめて法規どおり、奏の杜方面へのヘアピン丁字路交差点右折専用レーンを過ぎてから、中野木交差点右折専用
レーンへ移ってやったぜ。

Lrm_export_20180812_152745

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2018

ニホンバシコデンマチョウハツツクツクホウシ

ルーニィ247を出て、無人のアイアイエーギャラリーをもう一度覗いてから、通ったことのない路地に入った途端、
ハツツクツクホウシ。コレ撮って書いてる間に、飛び移りながら四、五コーラス。啼くたびに、どんどん長く上手に
なってゆくのだった。

Lrm_export_20180811_150426

| | Comments (0) | TrackBack (1)

きたぜ、馬喰町

Lrm_export_20180811_134244

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 09, 2018

妙典山ふたたび

まるで、まだ殆ど草生してなかった四十数年前の後藤寺のボタ山の麓に取りついたときの、後ろめたい高揚感が
甦ったようだった。

昨冬以来の、産業医の勤務する病院での産業医面談。こういう目的でではなく、また訪れてみたい。

Lrm_export_20180809_124011

Lrm_export_20180809_125627

Lrm_export_20180809_130032

| | Comments (0) | TrackBack (1)

きのうニコンミュージアムで、

アポロ以外に気になったこと3点。
その1:ほぼ完成形に近い外見のF3試作機に、なぜか「F2」と刻まれている。しかもパンダ。
その2:美しくて惚れ惚れしたけれど売れなかったかもね、Fのコンツールファィンダー試作機。
その3:創業から終戦まで「海のニッコー」であった歴史を伝える文物は、企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」
    に関連した、この潜水艦用双眼鏡のみ。

Lrm_export_20180809_004748

Lrm_export_20180809_004550

Lrm_export_20180809_005035

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Aug 08, 2018

アポロお久しぶり、

2009年暮れに中野サンプラザでお目にかかって以来ですね、

Lrm_export_20180808_152401

| | Comments (0) | TrackBack (1)

颱風第十三号「サンサン」は…

いまはまだ、横殴りの霧雨、

Lrm_export_20180808_141001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧